sachiolin.exblog.jp

わたしの心の風景メモ。 


by sachiolin
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
衆議院厚生労働委員会 2011.7/27
「放射線の健康への影響」について


参考人;
児玉龍彦氏(東京大学先端科学技術研究センター教授)






[PR]
by sachiolin | 2011-07-29 05:19 | 観■TV | Trackback | Comments(0)
本当にウソついているんだなあ。
がっくり。げんなり。


[PR]
by sachiolin | 2011-06-18 04:28 | 観■TV | Trackback | Comments(0)
必見。これが現実。
やっとこういう報道がされ始めた。




日本の政府や東京電力がロードマップというような綺麗な絵を描いて
言ってるような状態では全くないと私は思っている

何十万人の人が多分戻れない
でも本当にそんなことでいいんだろうか
という風に私はそこで立ちすくむ
そこに残れば被曝をしてしまう
それも大変ひどいことだと私は思うけれども
でもそうだからといってその人達を別の所に移すということは
またそれがものすごい悲劇だと私は思う
どっちにしてもすごい悲劇ということが
いやおうなく「選択しろ」と今、言われている
私はもうどうしていいのかわからない
それほどのことが今起きている
そういうことを日本の政府も言わないし
東京電力も何か「漁業被害を補償します」とか
「農業被害を補償します」とか
そんなことを言ってるけれども
実際に起きている悲劇はもうそんなこととは
到底違うひどい被害
悲惨なことが起きている


(小出裕章さん)
[PR]
by sachiolin | 2011-06-18 04:25 | 観■TV | Trackback | Comments(0)

[PR]
by sachiolin | 2011-06-14 01:21 | 観■TV | Trackback | Comments(0)
友人の日記を了承を得て、転載。


『チェルノブイリへのかけはし』代表、野呂美加さんによるスライド上映とお話会を見ました。

チェルノブイリで活動してこられた方だからこそ、説得力のあるおはなしです。
内容は、厳しい現実です。

チェルノブイリでは0.4~0.5μSV/hで無人の荒野となっております。
足立区とか葛飾区も対象かもしれません。

強制退去の30キロ圏の境界の値が0.232μSV/h(事故7年後)です。


即強制退去となるべき場所(福島ほか)に人が住みっぱなしで放置なのが日本の今の状況だと分かります。
そして東京・埼玉・群馬・新潟、こういった地域がチェルノブイリで言うところの強制退去30キロ圏の境界にあたります。
強制退去外の子供たちの罹患率の高さと病気の種類の多さは異常です。
体の部分発育不全や甲状腺トラブル、排出系のトラブル。なにより慢性的な頭痛など。


非常に為になります。必見です。
野呂さんのご努力と知見に頭が下がります。

今知りたい放射能のこと、今とるべき対策 [本編1]
http://www.youtube.com/watch?v=M90OCg4pp3s&feature=related
今知りたい放射能のこと、今とるべき対策 [本編2]
http://www.youtube.com/watch?v=ZHnK4blr31c&feature=related
今知りたい放射能のこと、今とるべき対策 [本編3]
http://www.youtube.com/watch?v=rI-rq_ZCqA0&feature=related
今知りたい放射能のこと、今とるべき対策 [本編4]
http://www.youtube.com/watch?v=bXSiGMC8kcA&feature=related
今知りたい放射能のこと、今とるべき対策 [本編5]
http://www.youtube.com/watch?v=Xaj-2E4f6q0&feature=related
今知りたい放射能のこと、今とるべき対策 [本編6]
http://www.youtube.com/watch?v=TAixQfTB4xY&feature=related
今知りたい放射能のこと、今とるべき対策 [本編7]
http://www.youtube.com/watch?v=5v8rXXz5THA&feature=related


知らなかったことというか、想像すればわかりそうですが、気づいていなかったこととして。

放射能は全ての物を強く酸化させる。酸化とはつまり老化ということ。
コンクリートも鉄も急速に老朽化する。もちろん人間も同じ。年は若くとも体は年齢以上に老化する。

遠くに飛んだ放射能のほうが粒子が小さい。そのため植物・動物や体に吸収されやすく
子どもの体に影響を及ぼしやすい。200キロ以遠の土地のほうがそのへんが危険。

汚染された女性が子供を産むと、第1子にほとんどの汚染がうつるため、
第1子は弱くなるが母親は元気になる。

子供は放射性核種を吸収するのも早ければ排出するのも早い。
被曝の少ない環境で、50日ほどすごすと、体内の放射性物質が減少するそうです。

汚染された食物を食べることで、子どもの胃腸は疲れ、食欲もなくなってしまう。
汚染の少ない酵素の入った食べ物(バナナなど)を食べることにより、
胃腸が回復し、そのうち色々な機能も回復していくそうです。


人間にとっての実際本当の限界はやはり1mSV/年。
つまり、0.114μSV/hが限界。(シンチレーションカウンターで)
だいたいバックグラウンドの2~3倍が限界。

計測の高さ1mとか20mとかあれはまったく意味が無い。
汚染されているのは土だから、計測は、土が対象で、地面につけてはからないといけない。
都会のアスファルトは水で流されてしまうので、植え込みなどの樹の根元で測る。


野呂さんがおしゃっております。
健康に影響がないなんて言えるはずがない。原発の爆発で被爆したのはチェルノブイリが初めてで、
その影響の最終結果はまだ出ていないんだと。

ベラルーシでは植物が放射能を集め高濃度になり土壌を浄化しているということでした。
ナウシカの世界です。

★追加★
今知りたい放射能のこと、今とるべき対策 [質疑応答1]
http://www.youtube.com/watch?v=fAUgtsdaDb8&feature=related
今知りたい放射能のこと、今とるべき対策 [質疑応答2]
http://www.youtube.com/watch?v=KZ4bRkzD5FY&NR=1
今知りたい放射能のこと、今とるべき対策 [質疑応答3]
http://www.youtube.com/watch?v=Ann8kfWl_tc&feature=related

土の計測値が0.2μSV/hでは子供の外遊びを控えたほうが良いとのこと。
福島の場合、土壌10cmよりも深いところまで汚染が既に進んでいる。
福島は土壌交換とかそういうレベルでは対応できないことが分かってきている。
土壌交換で対応できるようなところは、東京みたいなところ。
子供の外遊びは少ないところを探し連れて行ってさせてあげるほうがいいとのこと
[PR]
by sachiolin | 2011-06-05 22:15 | 観■TV | Trackback | Comments(0)
今日、参議院の行政監視委員会で、
小出裕章氏が挙げていたガンジーの言葉。
(5月23日と入れれば、ココで見られる!
こんな風に整理されていていつでも見られる
ようになっているとは、知らなかったゾ。よきかな。)

もしくは、Ustreamの記録。





胸にしっかりと刻む。


7つの社会的罪(Seven Social Sins)

1.理念なき政治 Politics without Principles
2.労働なき富 Wealth without Work
3.良心なき快楽 Pleasure without Conscience
4.人格なき学識 Knowledge without Character
5.道徳なき商業 Commerece without Morality
6.人間性なき科学 Science without Humanity
7.献身なき信仰  Worship without Sacrifice

(マハトマ・ガンジー)
[PR]
by sachiolin | 2011-05-24 00:52 | 引用:: | Trackback | Comments(0)
坂口恭平さんのような視点や行動や存在は
貴重だなあ。本質に切り込んでいく力。


いやはや・・・それにしても、
知れば知るほど、恐ろしい。
でも知ることを恐れてはならない。











アーカイヴ
[PR]
by sachiolin | 2011-04-13 04:14 | 観■TV | Trackback | Comments(0)
坂口恭平×鎌仲ひとみ×飯田哲也

地震発生一週間ほど前に行われていたトーク。
とても勉強になる。ありがたい。







アーカイヴ(全8編)
[PR]
by sachiolin | 2011-03-30 01:17 | 観■TV | Trackback | Comments(0)





[PR]
by sachiolin | 2011-03-26 01:36 | 観■TV | Trackback | Comments(0)