sachiolin.exblog.jp

わたしの心の風景メモ。 


by sachiolin
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:内田樹の研究室 ( 2 ) タグの人気記事

いつもお勉強になる内田樹さんのブログより
最近特にナルホドと思った記事を引用メモ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

More
[PR]
by sachiolin | 2009-09-19 09:05 | 引用::
いつも勉強させていただいている内田樹の研究室より引用。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


三人に共通しているのは、「オープンマインド」ということである。いつもにこにこしている。これは「たまたまそういう人だった」ということではない。この方々は、人間は「理解しがたいこと」を受け容れ理解しようと願い、それを受け容れるために脳の容量を押し広げているときに脳の情報処理能力が最高速になることを体験的にも理論的にも熟知しているからである。「心を開く」ときに、脳の演算能力は向上し、「心を閉ざす」ときに、脳の機能は劣化する。怒ったり、憎んだり、嫉妬したりしているときに知性の機能が上がるということはない。

他人と意見が違ったら、とりあえず「キミの言う通りだ」と言ってみる。
そして、自分と意見の違う人の頭の中ではどういう推論がなされているのかを想像的に追体験してみる。
これは脳の容量を拡大するきわめて効率的な方法である。
他人が言っていることの意味がわからなかったら、とりあえず「にっこり」笑って、「ふんふん、で、それって具体的にはどういうことなの」と訊いてみる。
これは他人の知性のパフォーマンスを上げるよい方法である。
どう考えても、「バカと話す」よりは「賢い人と話す」方が愉快であるし生産的でもあるので、自分と話す相手の知性を向上させるためには不断の努力を怠ってはならぬのである。
[PR]
by sachiolin | 2009-07-14 07:53 | 引用::