sachiolin.exblog.jp

わたしの心の風景メモ。 


by sachiolin
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:やさしさ ( 3 ) タグの人気記事

この世界はこんなにも
やさしさに包まれていたんだなぁ
と気づく日々

本当のやさしさは
あまりにあたりまえで
通り過ぎていくし
忘れられていく

ありがたい
ありがとう

お父さんを亡くした友人が、そのことを話してくれたときに
「でも、世界は、やさしいなぁって…」と
ことばを詰まらせていたのを思い出す。

そのときの友人のやわらかで美しい空気とともに、
その言葉がずっと心に残っていた。
今はそのことが、やさしさのことが、
なんだか分かる気がするよ。

涙がでる。


そして、ユーミンの歌を思いだす。
この歌のまんまだ。ユーミンってすごいな。






今日の言葉*

小さい頃は 神様がいて
不思議に夢を かなえてくれた
やさしい気持ちで めざめた朝は
おとなになっても 奇蹟はおこるよ
 
カーテンを開いて 静かな木漏れ日の
やさしさに 包まれたなら きっと 
目に映るすべてのことは メッセージ

小さい頃は 神様がいて
毎日愛を届けてくれた
心の奥にしまいわすれた
大切な箱 開くときは いま

雨上がりの庭で くちなしのかおりの
やさしさに包まれたなら きっと
目に映るすべてのことは メッセージ

カーテンを開いて 静かな木漏れ日の
やさしさに 包まれたなら きっと
目に映るすべてのことは メッセージ

(ユーミン)
[PR]
by sachiolin | 2016-02-19 00:09 | 思〇

夢/// 夢のような夢

昨日みた、やさしい夢を思い出す。
やさしさに包まれて、夢のなかで、
寝ていた。夢のような夢だった。
できれば目覚めたくなかった。

夢と現実を行き来する。

「実は、この現実が誰かの大きな夢
かもしれないよね。そう考えると
ちょっとぞわっとするよね。」と
話していた友人のことを思い出す。

夢のなかの感覚は、時折現実よりも
ずっとリアルだったりする。
そして、その感覚には、永続性がある。

夢と現実がハチミツのように蕩けている
風立ちぬ、もう一度観たいな。




今日の言葉*
Carpe diem quam minimum
credula postero

明日のことはできるだけ信用せず、
その日の花を摘め
[PR]
by sachiolin | 2013-08-23 23:51 | 夢 ///
友人とひさしぶりに会った。
相変わらず絶妙にイノセントな感じだった。
彼女の何気ないやさしさと、そこから
ふいに出てくる何気ないやさしいことばが、
わたしは、ずっとすごく好きだ。
不思議なほど、心にずっとやさしく残る。

やさしさというのは、何気ないからこそ、
やさしさなんだろうなと思う。
意識した/された途端になにかが変わってしまう。 

「やさしさ」について、ここのところ、ずっと考えている。


どこで、自分と他人を切るかが、
その人のやさしさの尺度のひとつだと思う。

やさしさと正しさは、遠くて、
やさしさと間違いは、近いように思う。

つまり、正しいやさしさ、というのは、
どうもないような気がする。


正しいやさしさ、ではなく、
やさしいうそ、が人生では
時に大切なような気がする。


無意識の豊かな水たまりの底から、
ふっと浮いてくるのが、その人の、
ほんとうのやさしさなんだと思う。

それは、
ほほえみであるかもしれないし、
沈黙であるかもしれないし、
ことばであるかもしれないし、
差し出す手であるかもしれない。

それは底の石がどけられて
ふっと浮いてきた葉っぱのようなものだ。

だれかのほんとうを守る、ということ。
サンタはいるよ、ということ。
息子さんは生きていますよ、ということ。

真実と正しさだけがあるのだったら、
どれほどこの世は渇いた世界なのだろう。



今日の言葉*

「original 誰にも真似できない 
 revolutionary 革命的 
 timeless 時代を超える」

石岡瑛子さん
[PR]
by sachiolin | 2011-02-13 02:46 | 考〇