sachiolin.exblog.jp

わたしの心の風景メモ。 


by sachiolin
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

花束

c0110074_11515386.jpg


たくさんの矛盾を
矛盾として抱えるということ。
花束のように。


今日の言葉*

『楚辞』に「天問」という巻がある。
ただただ、ひたすら問いが書かれる。
答えはない。答えのない問いって
すごくいい。問いだけを立て、
答えは醸成を待つ。

安田登
[PR]
# by sachiolin | 2015-06-16 11:46 | Trackback | Comments(0)

童心

c0110074_1353232.jpg


ブランコにて童心にかえるの巻。

楽しい〜と言いながら、
これは大人の体重に耐えられるのか?
という一抹の不安をかかえたりして。

c0110074_1353277.jpg


夕空きれいだった。
たくさん話した。


最近気づいた大切なこと。

美化しない
崇拝しない
馬鹿にしない



今日の言葉*

あんまり誰かを崇拝するということは、自分の自由を失うことなんだ

スナフキン
[PR]
# by sachiolin | 2015-06-15 01:32 | Trackback | Comments(0)

むぎわらい

c0110074_20445294.jpg

c0110074_20445376.jpg

c0110074_20445344.jpg

c0110074_20445414.jpg



むぎわらい、美味しかった〜011.gif

もちもちのパン。
お店の前のお花も可愛らしかった。

また行こうっと。


最近毎日、いろいろ味わいがちがう。
ほぼ、よい日と、悪い日が交互に。

美しさの隣りには、
深いかなしみがあって
私はいつもどこかで
それを求めて共鳴していた。

美しさを共有することも大切だけれど、
楽しさを共有することも大切で、
そのことにもっと素直であっていいなと
思った日だった。




今日の言葉*

現政府は脇が甘すぎる。つまり武術の心得が全くない。それではいかんよ。脇をしっかりとしめて、そのあと脱力し、毎日を愉快に颯爽と生きる。決死の覚悟は、後頭部に目をあたえてくれる。足で文が書けるようにしてくれる。脳内にもう一つ脳を作り出してくれる。死が詩であることを教えてくれる。感謝。


坂口恭平さん
[PR]
# by sachiolin | 2015-06-13 20:38 | 味∪ | Trackback | Comments(0)

雨と家と傘

感情ってものに翻弄されてきたけれど、
あらゆる感情を、雨だと思うとよいかもしれぬ。
「わー、降ってきたなー」と眺めるのだ。
家の外には出ないこと。しとしとくらいなら
まあよいけど、傘はさすこと。むやみに雨にぬれないこと。
雨にぬれると、結構大変だし。風邪引くし。
時に、台風みたいなのが来るけど、それ、
家のなかでじっとしてると、次の日あたり、
すっごい晴れるから大丈夫。じゃんじゃん洗い流した方がいいし、
抗わない方がよい、台風みたいなやつには。
むしろ、台風ウェルカム。たまになら(!)
しかしそのつまり、そうなってくると、
自分の家をつくることと、傘をもつことって大切だわ。
それって、ただ、そこにいる自分を感じることから
はじまるのかもしれない。過去でも未来でもなく、今ここ。
そうすると、いつでも帰れる家ができる。
傘は、外からやってくるもののような気がする。
なんだろな、また考えよっと。


今日の言葉*
”彼は苦楽を平等に見て、自己に依拠し(充足し)、土塊や石や黄金を等しいものと見て、好ましいものと好ましくないものを同一視し、冷静であり、非難と称賛を同一視する。
 彼は尊敬と軽蔑を同一視し、味方と敵とを同一視し、一切の企図を捨てる。"

バガヴァッド・ギーター
[PR]
# by sachiolin | 2015-06-10 02:32 | 考〇 | Trackback | Comments(0)

植物を見ていると

c0110074_1274316.jpg






町で見かける植物がすごく美しい。植物を見ていると、昔、友人が話していたことを思い出す。完璧な人間なんてどこにもいなくて、編まれて、ほつれて、絆されて生きていくのかもなぁ。人生って不思議。うまくできない自分をゆるし、見守ってくれている人に、周りに、ひたすら感謝して、朗らかに生きていきたいですなぁ、紫陽花さんよ、と話しかけた午後。

「植物をみていると、みんな千切れたり破れたりしながらも、お構いなく美しいし、哀しみやら、傷付いたことは、別に愛やら何やら、他の何かで埋めなくても
いいものなんだって思ったよ。葉っぱが千切れました。あ、そうですか。はい、生きてます。みたいな、そんな気分だったの。みんな何かしら千切れたり欠けたりしていて、そうゆう人が出会って、先に進んで、生きていくのだなぁ。と、思うよ。」


今日の言葉*

“さぼれ、さぼれ。今日はみんな気持ちよくさぼってみたまえ。
街を意味もなくぶらぶらしろ。映画館に行け。脂っこいものを食え。
人に迷惑をかけろ。約束を破れ。変な服を買って着ろ。
大事なものを捨ててしまえ。言っちゃいけないことを言え。
(糸井重里)”
[PR]
# by sachiolin | 2015-06-10 01:24 | 思〇 | Trackback | Comments(0)

孔雀草。

c0110074_17384935.jpg



すこしムシャクシャすることがあって、
プンプンしながら、商店街を歩いていたら、
お花屋さんがあった。無造作に
バケツに入れられたお花たち。

バラもSALEで一本百円、とある。
店主は奥の方で居眠りをしている。

美しいバラと迷ったけれど、
モサッと草花のように入れられている
お花たちが気になったので、それにした。

こんにーちはーーー

026.gif


こーんにーちはーーーーー

005.gif


へい、いらっしゃいっ
あ、これね、かわいいでしょ
孔雀草ねっ 二本ね、はい、二百円!

ね、かわいいでしょ。
君もかわいいよ!001.gif

あ、ありがとう笑
036.gif


孔雀草って言うんだね。
かわいい。やっぱり、お花が
家にあると、よいなぁ。


内側に、愛を育て、表現すること。
自分のなかに、花が静かに開くのを待つ。



今日の言葉*

使命とは「何かになる」ことではありません。自分の内側に「愛」を育て、表現することなのです。また、使命を形に求めてもなりません。
自我に対して、「無くそう、消そう」と思っても無駄です。座禅をしても"無念無想"になどなれません。なろうとしてもなれないのです。「なろうとする」こと自体が自我なのですから。あるとき、ふと気づいたら「自分が無くなっていた」その境地が、無念無想の極意であり、涅槃と呼ばれる現象なのです。人は死なずともその境地に入ることが可能です。

加納眞士
[PR]
# by sachiolin | 2015-06-06 17:31 | 撮❏ | Trackback | Comments(0)

影絵のような。

c0110074_12315773.jpg



美しい夕暮れ。
影絵みたいだった。

日差しは強かったが、
湿気の少なかった日。
イタリアみたいな日だった。
夜になると肌寒くて、
首に巻くのを忘れたわたしは、
すこし震えながら、
急ぎ足で家へ向かった。

月が、部屋からよく見える。
風が通り、空が広い部屋。
それだけで幸せ。

連日、バタバタしていて
疲れがたくさん出た。
焦らず、ひたむきにいこう。

雪が降りつもるように。


ヒタヒタ
シンシン
ヒタヒタ
シンシン



今日の言葉*

自信というものは、いわば雪の様に音もなく、幾時(いつ)の間にか積った様なものでなければ駄目だ。そういう自信は、昔から言う様に、お臍の辺りに出来る、頭には出来ない。頭は、いつも疑っている方がよい。難しい事だが、そういうのが一番健康で望ましい状態なのである。

小林秀雄 38歳
[PR]
# by sachiolin | 2015-06-05 12:27 | 撮❏ | Trackback | Comments(0)

紫陽花

c0110074_1103468.jpg


紫陽花は、外側から咲くんだな。
ちょっと王冠のようにも見えた。
この微妙な色合いが、とても好きだ。

これから毎日会えるのを
楽しみにしている。


今日の言葉*

“乗りかけた船には、
ためらわず乗ってしまえ。”
ツルゲーネフ
[PR]
# by sachiolin | 2015-06-04 01:08 | 撮❏ | Trackback | Comments(0)

さざ波

c0110074_11422763.jpg



人も、植物も、物も、すべては振動数があって、そのふるえを深い眼でみる、感じることの大切さを教えてもらった。木々や花々は、とても細かでやさしい振動を絶え間無く続けている。そのさざ波が、自分にも起こるまで立ち止まる。


今日の言葉*

失わないよ。大丈夫。何も失わないよ。すべて持ってるんだよ。完璧な形で。それに気づいていないだけ。その人の一番美しいところは、だれにも邪魔されないし、だれにも盗めないし、完璧に守られているんだよ。
[PR]
# by sachiolin | 2015-05-14 11:41 | Trackback | Comments(0)

白ゆりでございます。

c0110074_9443899.jpg



「ここ入る?入るか?
入ってみるか。入るぞ。うん。」と、
少々たじろぎながら入った、
カラオケボックス白ゆり。
その壁紙たるや。昭和かな。
なかなかお目にかかれない感じ。

友は歌がうまかった。
声量もすごくて仰け反った。
私の周りは皆、歌がうまい。。。

「coccoは、私の青春なの。
でもお兄ちゃんに、暗いから、
歌うのやめろと言われたんだ。」

なるほど。
君の青春をしかと聞かせていただいたよ。

強くはかない者たち。
よい歌だなぁ。


カラオケに行くと、知らない歌を
知ることができるのも、嬉しく思う。


今日の言葉*

人生とは嵐が過ぎ去るのを
待つことではない。
雨の中でどんな風に
ダンスするかを学ぶことだ。
[PR]
# by sachiolin | 2015-05-06 09:36 | Trackback | Comments(0)

そこで鳴っている音楽

c0110074_934526.jpg

c0110074_934575.jpg

c0110074_934683.jpg

c0110074_934619.jpg

c0110074_93481.jpg

c0110074_934984.jpg

c0110074_934914.jpg



少し前のことだけれど、韓国に行った。誰も見なくても咲いている野の花があるように、誰も聞いていなくてもそこで鳴っている音楽というのがあるのではないかな、そういう演奏のあり方というものについて感じながら、散歩した。



今日の言葉*

私たちはこの世で大きいことはできません。
小さいことを大きな愛でするまでです。

マザーテレサ
[PR]
# by sachiolin | 2015-05-06 09:26 | Trackback | Comments(0)

センター

c0110074_393976.jpg



今日は嬉しいこともあれば、
残念なこともあった。

プラスマイナスゼロダニャー。


よいとか、悪いでは
ないんだろうな。
ただその心の働きがあることを知り、
そして、それに振り回されずに、
その都度、センター戻ってくる。

テニスの選手も、ボール一回ごと
センターに戻ってくるもんね。
そうじゃないと、打ち返せない。


ナニゴトモ バランスダニャー。



今日の言葉*

生命は、あるときは生きている、あるときは死んでいる。生命は生も死も別のない営みで、あるときは生でありあるときは死である。そんなふうにとらえることができたら合点がいきます。
[PR]
# by sachiolin | 2015-04-30 03:03 | Trackback | Comments(0)

それも選択

c0110074_325448.jpg


選択しないということも
ひとつの選択であるということを、
時に忘れる。

道はあるのではなく、
歩いたら、道になる。



今日の言葉*

何を「気」にして、何を「気」にしないか。その「気配り」が「気分」をつくり、気分がよければ「気前」もよくなる。気前がよければ「運気」もあがり、運気があがれば「気持ち」も晴れる。晴れた気をふりまけば、周りも自然と気分がよくなる。だから今日も気を抜かずに、気合いを入れて、生きていこう。


森田真生さん
[PR]
# by sachiolin | 2015-04-30 02:59 | Trackback | Comments(0)

やわらかな夕暮れ

c0110074_1555813.jpg



空も空気も光も
やわらかな夕暮れだった。

三寒四温というけれど、
五寒三温くらいの雰囲気で、
なんども寒さに揺り戻されながら、
少しずつ少しずつ春になっている。

春はただのどかなだけでなく、
狂気も感じる。生命の狂気だ。

他をかき分けるようにして
ぐんぐんのびる若葉。
命の源がうずまいている。

ぼぅっとしていると、その世界に
のみこまれそうになる桜。
カスミカクモカ。。。
その美しさと散り際の潔さには、
おそれいり、息をのむ。

わたしが時折感じる
そんな春の狂気は、
今日は不思議なほどなかった。

それは、少し遅れて咲く
大好きな八重桜のように、
少しぼてっとした、
やわらかい春の日だった。


広い空を眺めていると
心がのびやかに無限に広がっていった。



今日の言葉*

ことしも生きて
さくらを見ています
ひとは生涯に
何回ぐらいさくらをみるのかしら
ものごころつくのが十歳くらいなら
どんなに多くても七十回ぐらい
三十回 四十回のひともざら
なんという少なさだろう
もっともっと多く見るような気がするのは
祖先の視覚も
まぎれこみ重なりあい霞だつせいでしょう
あでやかとも妖しいとも不気味とも
捉えかねる花のいろ
さくらふぶきの下を ふらふらと歩けば
一瞬
名僧のごとくにわかるのです
死こそ常態
生はいとしき蜃気楼と


茨木のり子 さくら
[PR]
# by sachiolin | 2015-04-19 01:37 | Trackback | Comments(0)

カラン

c0110074_11115.jpg



今日はたくさん歩いた。
トンネルには虹があって、
ぼぅっと光っていた。

今日はとてもよい日だったなぁ。
たくさんのことに気づいた。
頭のなかでものごとが散らかっていく
前の感じとは違い、漫画の吹き出しの
ように、考えたことが、考える度に
フッと自分から切り離されて、
プカプカ浮いて風に乗っていった。
サヨウナラ。ヨキタビヲ。

無になれる瞬間が何度もあった。
子どものときはこんな感じだったのかも。

無といっても、空虚でも孤独でもないのだ。
カランとした、よい音がする。


子どもたちというのは、
たくさん遊んでも、
帰るときになると、
もうそれぞれの帰り道へ
そそくさと行く。

あの後腐れのなさというのは
あっぱれだなーと思いながら、
友人の子どもたちを眺めていた。

さっぱりとしていて、
よい音がしている。


カラン。



今日の言葉✳︎

それ観というものは、無観をもって正観とする。 多くの観あるものを邪観とするのである。先にそなたは多観のために
この重症になった。今これを救うのに無観をもってするのが一番よいのではないか。 そなたがもし、心の炎、意の火という心火上昇を収めて、丹田足心の間においたならば、胸の中は自然に清涼となり、ああでもないこうでもないと思いめぐらすことが一点もなくなり、分別意識や心情の波は一滴もなくなるであろう。
これが観音経にいう「真観清浄観」である。

白隠禅師
[PR]
# by sachiolin | 2015-04-10 00:51 | Trackback | Comments(0)

同情しない

同情しないということは、 案外大切なことだぁ。
自分に対しても、他者に対しても。

むやみな同情からはなにも生まれない。
痛みでつながることは、 本当にその人のためにはならない。

本当のやさしさ、
同情せずにできること
なにかなと考える。
ひたすら話を聞く。
長い目で見守る。
気長に待つ。
存在を肯定する。

まずは、こういうことかなぁ。
[PR]
# by sachiolin | 2015-03-24 01:27 | Trackback | Comments(0)

四年

c0110074_15565567.jpg


あれから四年かーと
空を仰ぎみた。


今日の言葉*

“私は東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県石巻市大川地区で生まれ育ちました。
小さな集落でしたが、朝学校へ行く際すれ違う人皆が「彩加ちゃん! 元気にいってらっしゃい」と声をかけてくれるような、温かい大川がとても大好きでした。
あの日、中学の卒業式が終わり家に帰ると大きな地震が起き、地鳴りのような音と共に津波が一瞬にして私たち家族5人をのみ込みました。
しばらく流された後、私は運良く瓦礫(がれき)の山の上に流れ着きました。その時、足下から私の名前を呼ぶ声が聞こえ、かき分けて見てみると釘や木が刺さり足は折れ変わり果てた母の姿がありました。右足が挟まって抜けず、瓦礫をよけようと頑張りましたが私一人にはどうにもならないほどの重さ、大きさでした。母のことを助けたいけれど、ここに居たら私も流されて死んでしまう。「行かないで」という母に私は「ありがとう、大好きだよ」と伝え、近くにあった小学校へと泳いで渡り、一夜を明かしました。
そんな体験から今日で4年。
あっという間で、そしてとても長い4年間でした。家族を思って泣いた日は数えきれないほどあったし、15歳だった私には受け入れられないような悲しみがたくさんありました。全てが、今もまだ夢の様です。
しかし私は震災後、たくさんの「諦めない、人々の姿」を見てきました。震災で甚大な被害を受けたのにもかかわらず、東北にはたくさんの人々の笑顔があります。「皆でがんばっぺな」と声を掛け合い復興へ向かって頑張る人たちがいます。日本中、世界中から東北復興のために助けの手を差し伸べてくださる人たちがいます。そんなふるさと東北の人々の姿を見ていると「私も震災に負けてないで頑張らなきゃ」という気持ちにいつもなることが出来ます。
震災で失った物はもう戻ってくることはありません。被災した方々の心から震災の悲しみが消えることも無いと思います。しかしながらこれから得ていく物は自分の行動や気持ち次第でいくらにでも増やしていける物だと私は思います。前向きに頑張って生きていくことこそが、亡くなった家族への恩返しだと思い、震災で失った物と同じくらいの物を私の人生を通して得ていけるように、しっかり前を向いて生きていきたいと思います。
最後に、東日本大震災に伴い被災地にたくさんの支援をしてくださった皆様、本当にどうもありがとうございました。また、お亡くなりになったたくさんの方々にご冥福をお祈りし追悼の言葉とさせていただきます。


東日本大震災追悼式の宮城県遺族代表、菅原彩加(さやか)さん(19)=石巻市出身=のことば
[PR]
# by sachiolin | 2015-03-13 15:55 | Trackback | Comments(0)

梅と月

c0110074_1752528.jpg



きれいじゃのぅ。



今日の言葉*
迷ふも悟るもこころぞや。
さればこころの師とはなり。
こころを師とせざれ。
[PR]
# by sachiolin | 2015-03-06 17:50 | Trackback | Comments(0)

どちらもよいもんだ

c0110074_3693.jpg


断る理由がない
というものに
乗ってみると
新しい側面をみつけ
案外するすると
うまくいったりする

断られる可能性がある
というものに
捨て身で立ち向かっていくと
新しい自分に出会い
本当の自分に近づけたりする


どちらもよいもんだ001.gif


今日の言葉*

“もっと見たいのに、あるいは、充分見ていないのに、見られるものは変わるのです。もっと聞きたいのに、充分聞いていないのに、美しい音が消えるのです。もっと味わいたいのに、充分味わっていないのに、味わうものがなくなるのです。味わうものが充分あるときでさえ、お腹が一杯になって食べられなくなるのです。このように、何でもかんでも飽きる前に、納得する前に、充分楽しむ前に消えてしまうのです。心に残るのは、「もっとやりたかった」という気持ちだけです。これが、渇愛です。人は何をしても心に残るのは、たった一つ、「もっとやりたかった」という、渇愛だけです。”

スマナサーラ長老
[PR]
# by sachiolin | 2015-02-21 03:00 | Trackback | Comments(0)

本日の空

c0110074_309100.jpg



ここのところ
気持ちのよい空が続く。

好きだった本日の空。



春はもうすぐだね001.gif
春っぽいストール買った。
最近、持ってなかった新色に目がいく。
やっぱり、新しい風、吹いてるなぁ。


今日の言葉*

あなたのなりたい人間になってください。
自分のなりたくない人間を自分の目の前に見て、その人を裁くことによってあなたはただ単に、なりたくないもののイメージをあなたの中で強化しているだけです。そして自分のなかの否定的なエネルギーを強めているだけです。
ですから、あなたはただ、自分がどういう人間になりたいのかを決めて、その人間になればよいのです。そうすると相手の人がそれを見て、そうすればいいのか、そういう人間になることができるのか、と、「可能性」をあなたから学ぶことができます。
バシャール”
[PR]
# by sachiolin | 2015-02-21 02:54 | 空 ( ) | Trackback | Comments(0)