sachiolin.exblog.jp

わたしの心の風景メモ。 


by sachiolin
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

<   2015年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

どうか

どうか、後藤さんが、
奥様とあかちゃんたちを
抱きしめることができますように。


:::::::::::::::::::::::

私の名前はリンコ。シリアで武装グループに拘束されたジャーナリスト、後藤健二の妻です。彼は2014年10月25日に、私の元から離れました。それ以来、私は彼の解放のために舞台裏で休むことなく働き続けました。
私は今まで声を上げませんでした。というのも、健二の苦境に対するメディアの関心が世界中で騒ぎ立てられていることから、私は自分の子供と家族を守ろうとしたからです。
私たち夫婦には、2人のとても幼い娘たちがいます。私たちの赤ちゃんは健二が日本を離れた時には、わずか生後3週間でした。私は2歳の上の娘が再び父親に会えることを望んでいます。私は2人の娘が父のことを知りながら成長してもらいたいのです。
私の夫は善人で、正直な人間です。苦しむ人びとの困窮した様子を伝えようとシリアに行きました。健二は、湯川遥菜さんの居場所を見つけ出そうともしていたようです。私は遥菜さんが亡くなり、非常に悲しい思いをしました。そして、彼の家族に思いを致しました。家族の皆さんがどれだけつらい思いをされているか痛いほどわかるからです。
12月2日に、私は健二がトラブルに巻き込まれたことを知りました。健二を拘束したグループからメールを受け取ったときです。
1月20日、私は湯川遥菜さんと健二の身代金として2億ドルを要求する動画を見ました。それ以来、私とグループとの間でメールを何回かやりとりしました。私は、彼の命を救おうと戦ったのです。
これまでの20時間で、誘拐犯は私に最新の、そして最後の要求と見られる文章を送ってきました。
「リンコ、おまえはこのメッセージを世界のメディアに対して公開し、表に出さなければならない。でなければ、健二が次に殺されるだろう。29日の日没までにサジダ(・リシャウィ死刑囚)がトルコ国境付近にいなければ、ヨルダン人パイロットも即座に殺害する」
私は恐れています。これは健二の最後のチャンスです。健二の解放と、ヨルダン人パイロットの命を救うには、あと数時間しかありません。私はヨルダン政府と日本政府に、二人の運命が委ねられていることを理解して欲しいのです。
同時に、私は両政府の懸命の努力に感謝しています。ヨルダンと日本の人々から寄せられる同情にも感謝しています。私が若いころ、家族の拠点はヨルダンにありました。12歳になるまで、アンマンの学校に通っていました。だから、私にはヨルダンとヨルダンの人々に、特別な感情と、思い出があります。
最後に、私は家族と友人、健二の同僚にも感謝しています。この3カ月間、私と娘たちを支えてくれました。
私の夫と、ヨルダン人パイロット、カサースベさんの無事を祈っています。
リンコ

My name is Rinko. I am the wife of Kenji Goto, the journalist who is being held by a group in Syria. He was taken from me on 25 October 2014, and since then I have been working tirelessly behind the scenes for his release.


I have not spoken out until now as I have been trying to protect my children and family from the media attention Kenji’s plight has created around the world.


My husband and I have two very young daughters. Our baby girl was only three weeks old when Kenji left. I hope our oldest daughter, who is just two, will get to see her father again. I want them both to grow up knowing their father.


My husband is a good and honest man who went to Syria to show the plight of those who suffer. I believe that Kenji may have also been trying to find out about Haruna Yukawa’s situation. I was extremely saddened by the death of Haruna and my thoughts go out to his family. I know all too well what they are going through.


I became aware that Kenji was in trouble on 2 December when I received an email from the group holding Kenji. 


On 20 January I saw the video demand for $200m for the lives of Haruna Yukawa and Kenji. Since then, there have been several emails between the group and me as I have fought to save his life.


In the past 20 hours the kidnappers have sent me what appears to be their latest and final demand:


Rinko, 

YOU MUST PUBLICISE AND EXPOSE THIS MESSAGE TO THE WORLD MEDIA NOW! OTHERWISE KENJI WILL BE NEXT!

If Sajida is not on the Turkish border ready for the exchange for Kenji by Thursday 29th Jan at sunset, The Jordanian pilot will be executed immediately!


I fear that this is the last chance for my husband and we now have only a few hours left to secure his release and the life of Lt. Mu’ath al-Kaseasbeh. I beg the Jordanian and Japanese Government to understand that the fates of both men are in their hands.


I thank the Governments of Jordan and Japan for all their efforts. I thank the people of Jordan and Japan for their compassion. My family was based in Jordan when I was young, and I went to school in Amman until I was 12 years old, so I have great affection and fond memories of Jordan and its people. 


Lastly I thank my family, friends and Kenji’s colleges for the support they have shown my daughters and me over the last 3 months. 


I pray for the lives of my husband and the Jordanian pilot Lt. Mu’ath al-Kaseasbeh.


Rinko

音声ファイル

リンク
[PR]
by sachiolin | 2015-01-30 03:17 | 引用::

ともよさん

原田知世さんって
ほんと美しいな。透明な美しさ。
どこかイノセントで、ピュアで。

昔、よく台所でCDをかけて
料理したりお皿洗いしたりしていた。




風の吹く 長い坂の途中で
言葉にしたら すぐに壊れて きっともう戻らないから
花の向こうに 君が見えたら 何を話そう
くちなしの丘のうえで
・・・
影落とす 長い坂の途中で
触れてみたなら すぐに終わって きっともう届かないから
花の向こうに 君が見えたら 何を話そう
くちなしの丘のうえで




このバージョンもすてき。













今日の言葉*
僕たちは見られるために生きているのではなく自分の本心を生かして、他の人々の本心にふれあうことで、この世の美と愛を感じることが出来るよう、最も深い自然に忠実になって生きることが大事だと思う。その時人生を愛し、また人々を本来の姿で愛することが出来るのだと思う。
武者小路実篤
[PR]
by sachiolin | 2015-01-22 01:54 | 聴●
これ何度みても大好きすぎる^^



[PR]
by sachiolin | 2015-01-15 18:36 | 観■Musik
かっこよかー








マスタークラス なるほど

[PR]
by sachiolin | 2015-01-15 18:02 | 観■Musik





[PR]
by sachiolin | 2015-01-15 17:38 | 聴●

自分で選択していること

c0110074_22222735.jpg
"そうだよ、すべて、自分で選択していることなんだよ。
苦しむことも、かなしむことも。

やっと気づけたね。

だれかのせいじゃない。
自分で選択していることなんだ。

全部自分のなかにあるんだ。
相手との関係のなかで
出てくるものは、すべて自分のことなんだ。
だから、それは、自分で責任とろう。
自分の選択を、自分で決めてることに気づこうね。

これは、生きていることの厳しさでもある。
神様は、全部ゆだねているんだよ。
あなたに。

なにかがうまくいかないとき。

それは、自分でうまくいかないことを選択しているんだよ。
そんなことない!って思うかもしれないけれど、
ほんとは、そのすぐ横に、もっと歩きやすい道が
あるんだ。わざと歩きにくい道を歩いているんだよ。
それはそれでとても大切で必要なことだよね。
歩きにくい道を歩くことで、自分をレベルアップできるし。
でも、どうしても何度やってもうまくいかないときは、
ふと足をとめてまわりをキョロキョロ眺めてみることも必要かもよ。

”ほんとうの自分は、その難しい道を歩きたくないのかも。”
それなのに、知らずにその道を選んでいるとき。
それは、不幸です。不幸というものです。

人生では、困難を通して、手に入れることももちろん大切だけれど、
一番大切なのは、あなたがほんとうに歩きたい道を
あなたの足で歩いているかってことだよ。
そして、その道は、あなたそのものなんだ。
道をつくっているのはあなたなんだ。あなたは、道なんだ。
大きい道ばかりでなくて、小道、寄り道、抜け道。
たくさん、いろんな道を歩いて遊んでみてね。

もっといろんなところに行けるようになるよ。
もっといろんな景色が見えてくるようになるよ。"
[PR]
by sachiolin | 2015-01-14 22:18 | 声¢

感情のタマネギ

c0110074_2348317.jpg



“感情は、感じ切ってあげればおわります。いろいろな出来事は、感情を感じ切るために起きます。用意されたプログラムやメニューをこなすのと似ています。どんな辛いこともかなしいことも楽しいことも、プログラムキターと思って、その都度感じ切りましょう。ポタリポタリと最後の一滴まで絞り落ちたら、不思議な空虚の感じが訪れますが、心配なさらず。そうなって初めて、器が空になり、新しいものがおのずと入ってきます。新しい風向きになります。新しいことが起きます。新しい風景がみえてきます。ちなみに、子どもはすぐに器が空っぽになるのです。だからキラキラしてるのです。大人になると、ため込みます。ためると当然ながら腐ります。においます。流しましょう。なにか少し勇気がいること、なにかずっと気になっていたこと。そういうことを少しずつはじめてみましょう。間違うことを決して恐れないでください。むしろたくさん間違いましょう。進んで間違うことで、軌道修正ができるようになります。柔軟になれます。やわらかくなれます。ゆるくなれます。そうすると、楽になります。
そうは言うけどね、わたしは、感情てものがあまりないんだという、あなた。そんなことはないと思います。心というのは、タマネギのように何枚も何枚も重なって守っているものが、必ずあるのです。あなたの存在を揺るがすから、あなた自身が知らず知らずに分厚く守ったものです。あなたのタマネギ、すごく大きいのかも。奥にしまってあるもの、きっと美しいですよ。
だって、あなただって、はじめは受精卵のひとつだったのですし。いのちのかたまりだったのです。神秘のかたまりだったのです。今もそうです。生きているっていうのは、なんらかの働きがあって、動き続けて変化している営みです。あなたのなかの美しいものが、あなたを動かしているのです。そのことをちょっと珈琲でも飲みながら考えてみてください。感じてみてください。”



にゃるほど027.gif
[PR]
by sachiolin | 2015-01-13 23:46 | 声¢

成人の日になると

c0110074_302783.jpg



成人の日になると、毎年、谷川俊太郎さんの詩を思い出す。
はて。ハタチのころ、何してたかな。若かったような、
今とあんまり変わってないような(。-_-。)

最近今までの人生を振り返り感慨にふけること多し。
生きてるって不思議だな〜。
楽しいことも、かなしいことも、
嬉しいことも、泣けることも、
それなりにいろいろたくさんあった気がする。

どんな仕事につこうと、どんなことが起きても、
人間は生きていることそのものが仕事なんだろうなって感じる。
いのちを与えられているからには、きっとそのいのちを
ほがらかに生きるという役目があって。

だから、いのちの力は儚く、強い。
それだけ日々が尊く、光が眩しい。

watch the world

「成人の日に」
人間とは常に人間になりつつある存在だ...
かつて教えられたその言葉が
しこりのように胸の奥に残っている
成人とは人に成ること もしそうなら
私たちはみな日々成人の日を生きている
完全な人間はどこにもいない
人間とは何かを知りつくしている者もいない
だからみな問いかけるのだ
人間とはいったい何かを
そしてみな答えているのだ その問いに
毎日のささやかな行動で
人は人を傷つける 人は人を慰める
人は人を怖れ 人は人を求める
子どもとおとなの区別がどこにあるのか
子どもは生まれでたそのときから小さなおとな
おとなは一生大きな子ども
どんな美しい記念の晴着も
どんな華やかなお祝いの花束も
それだけではきみをおとなにはしてくれない
他人のうちに自分と同じ美しさをみとめ
自分のうちに他人と同じ醜さをみとめ
でき上がったどんな権威にもしばられず
流れ動く多数の意見にまどわされず
とらわれぬ子どもの魂で
いまあるものを組みなおしつくりかえる
それこそがおとなの始まり
永遠に終らないおとなへの出発点
人間が人間になりつづけるための
苦しみと喜びの方法論だ
 
谷川俊太郎
詩集「魂のいちばんおいしいところ」
[PR]
by sachiolin | 2015-01-13 02:59 | 思〇