sachiolin.exblog.jp

わたしの心の風景メモ。 


by sachiolin
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

<   2014年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

感情ではない。

「自分のことを好きになるというのは
つまり自分に誇りをもち、信頼する
ということなんだよ。感情ではない。

腹をくくり、肝を据え、誠実に生きること。
大切なのは、正直に生きるってこと。
正直がいちばん。自分に対して正直であること。


今この瞬間から、
自分というもの、
自分に起きることを
しっかりと信頼しなさい。

粘土で遊ぶように、
自分というものを
形つくってごらん。
自分の手で、思うがままに。
他人の目を気にせず
自分の目だけを頼りに。
他人のことばを聞かず、
自分の奥の奥の声を聞き。

何度も何度も。

いろんなかたちをつくってごらん。
毎日違っていい。自由に遊んでごらん。
あなたをじゃまするものは何もいない。
本当に本当に心の深いところが動き、
それを実現しているとき、
誰もあなたの創作を阻害できないのです。
むしろ、そのように無我夢中で創作していると、
たくさんのサポートが舞い込んでくる。
この世はそのようにできている。

そこには、圧倒的な自由だけが広がっている。
作りたいもの、欲しいものは、
心の底から望めば
何だって自分でつくることができるのです。



自分の価値は、常に自分が決めるのです。
他者の評価というのももちろん大切です。
でも、それに決して翻弄されてはならない。
「参考にする」程度でよいのだよ。
ましてや、他者の評価を目的にしたり、
道標にして、自分の心や人生を
動かしてはならないよ。

一喜一憂しない。
感情で動かない。
悠然と構えて
ひたむきに歩め。

いつも自分の奥の奥の声に耳を澄ませて。
人の人生を生きてはならない。
誰より何より、自分の一回きりの人生です。」



なんだか太陽がのぼったような日だった。



[PR]
by sachiolin | 2014-11-29 21:11 | 声¢
「相手に同調するのはほんとうのやさしさではない。
同調するから自分もしんどくなる。
相手を何とかしようというのは緊張につながる。
こんなのはどう?と提案する方がゆるむ。
自分はこんな音をだす、こんな音楽をするという
生き様をみせるのが、ほんとうの先生だよ」
と、最近言われたのを思い出した。

ほんとそうだな。

「あの人ならどうするか?」
という存在がいることはありがたい。
そう思える存在は、誰でも先生なのだろうと思う。
実際に会っていなくても。
映画監督のビリー・ワイルダーは、師匠のエルンスト・ルビッチを
敬愛していた。壁にはいつも「ルビッチならどうする?」
と書かれたものを貼っていたそうだ。

「あの人ならどうする?」

私にも、何人かそういう存在がいる。ありがたい。

この世界に飛び込んでいきたい!
それから無我夢中で歩んできて、
随分時が経ったものだけれど、今は、
たくさんの人に与えてもらったものを、
ひとりひとりに手渡しできている感じがする。
そのことがとても嬉しいし、感謝しかない。

「give and take」ではなくて、「give and give and give」
なんだなと感じる。そして、音楽って素晴らしいなぁ。



今日の言葉*

「感情も、単なる生命現象にすぎないから。
おー、これもまた、せーめーげんしょーだーって、
ただそうやって眺めてると、どーでもよくなるよ。
いちいち理由とか原因とか考えすぎ。
それもほんとどーでもいいから。
自分を痛めつけるだけだから。」
[PR]
by sachiolin | 2014-11-24 22:48 | 思〇

空気のカーテン

c0110074_256687.jpg

c0110074_2582953.jpg



ふと思い立ち、明治神宮に寄ってみた。
鳥居をくぐって、2,3歩。
サワサワワーと、空気のカーテン
みたいなものが揺れた。
ちょっと次元が違うけど、こんにちはーと
お店の暖簾をくぐったときのような
あれである。明らかに、なにか違う
空間に入ったネ!という感じがした。
神様から、いらっしゃい〜と
言われているような気がした003.gif


光があふれて、
背の高い木は
のびのびと空に向かい
風が葉を落として、
キラキラ雪のように舞った。

美しかった。

c0110074_256792.jpg

c0110074_256859.jpg


丸っとした楠が
かわいらしかった。
しめ縄は、確か、
蛇が交尾しているところなんだよね005.gif
なんて話しながら、ぞぞぞっとした。


c0110074_256836.jpg

c0110074_256915.jpg

c0110074_256917.jpg



結ばれた男女が、しめやかに
私たちの前を、歩いていった。
みな、幸せそうなというよりは、
なにかよそいきの顔をしていた。
ネズミの嫁入りという昔話を思い出した。
ゆっくりと進む行列を
ゆっくりと眺めた。
なんだか影絵みたいだった。
美しかった。

神前式っていいねと胸が勝手におどった。


c0110074_2561027.jpg


おみくじを引いたら、
とにかく、怠けるなと。

ととと027.gif

磨けと。
怠けるなと。

はい040.gif


c0110074_2561112.jpg

c0110074_2561190.jpg


最後の最後まで
光が美しかった。

鳥居をくぐったら、
お店を出るようにして、
また元の世界に戻った。



今日の言葉*
あなたが眠れない時、
それはあなたが誰かの夢の中で
起きているから。
[PR]
by sachiolin | 2014-11-11 02:40

自分のものとしてみる

「心から信頼すること
自分のことも、人のことも。

無条件に丸ごと愛すること。
自分のことも、人のことも。

どんな状況も、ニュートラル。
どんなことも、糧になるよ。」



「自分自身のものでないものは、
変えることはできません。
望むものであれ、望まないものであれ、
自分にふりかかる現実を
自分のものとして見てください。」


なるほどです。
「自分のもの」として見る。
そこ盲点だったわ。
[PR]
by sachiolin | 2014-11-11 02:35 | 声¢
ふと思い出したけど
いい歌だわー




呼んでいる 胸のどこか奥で
いつも心おどる夢を見たい
かなしみは 数えきれないけれど
その向こうで きっとあなたに会える

くり返すあやまちの そのたび ひとは
ただ青い空の 青さを知る
果てしなく 道は続いて見えるけれど
この両手は 光を抱ける


さよならなときの 静かな胸
ゼロになるからだが 耳をすませる
生きている不思議 死んでゆく不思議
花も風も町も みんなおなじ
Lalalalalala・・・・・・


呼んでいる 胸のどこか奥で
いつも何度でも 夢を描こう
かなしみの数を 言い尽くすより
同じくちびるで そっとうたおう

閉じていく思い出の そのなかにいつも
忘れたくない ささやきを聞く
こなごなにくだかれた 鏡の上にも
新しい景色が 映される


はじまりの朝の 静かな窓
ゼロになるからだ 満たされてゆけ
海の彼方には もう探さない
輝くものは いつもここに
わたしのなかに 見つけられたから
[PR]
by sachiolin | 2014-11-11 02:30 | 聴●

明かりが飛び火

"だれかの情熱に触れると、
なぜかひとは幸せを感じる。"
http://t.co/DvzW6zNXli

ほんとにそう。
そして自分のなかにも飛び火して、
静かに何かが始まったり、
忘れていた大切なものを
ふと思い出せる。

一日中動き回った月曜日。
いろいろな人のいろいろな言葉や、
そして言葉にならぬもの、
眼差しや風景に触れて、
ふと胸が熱くなった。

仏陀が亡くなる時、
「あなたがいなくなったら
私たちはどうやって
生きてゆけばよいのですか…T^T」
と弟子が悲しむと、
「あなた方は、それぞれ自分自身を
よりどころにしてください。
自らを暗やみを照らす明かりとして、
正しい道を歩いてください」と
説いたという話を思い出した。

自灯明。

自らの内にほんのりと明かりを
灯している人は誰しも美しく、尊い。
言葉にせずとも、存在そのもので
それを感じることができる。

こどもにかえったように
自然にかえったように
生き生きと話す二人。
大好きな人たちとの帰り道。
お寿司がとても美味しかった。
ふと見上げた月がとても
美しかった。
何だかとても幸せな気持ちになった。
人はそこに存在し合える。
生きているって不思議で愉快だな。


c0110074_1521613.jpg

c0110074_1521631.jpg

c0110074_1521782.jpg

c0110074_1521846.jpg




今日の言葉*
和して同ぜず
[PR]
by sachiolin | 2014-11-04 15:19