sachiolin.exblog.jp

わたしの心の風景メモ。 


by sachiolin
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

<   2011年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

空 ( ) 村上春樹

店の外に出ると、染料を流し込んだような鮮やかな夕闇があたりを包んでいた。空気を吸い込んだら、そのまま胸まで染まってしまいそうな青だった。空には星が小さく光り始めている。夕食をすませた土地の人々が、夏の遅い日没を待ちかねたように家を出て、港の近辺をそぞろ歩きしていた。家族がいて、カップルがいて、仲の良い友だちどうしがいた。一日の終わりのやさしい潮の香りが通りを包んでいた。ぼくはミュウと二人で歩いて町を抜けた。通りの右側には商店や小さなホテルや、歩道にテーブルを並べたレストランが連なっている。木の鎧戸がついた小さな窓には親密な明かりがともり、ラジオからはギリシャ音楽が流れていた。通りの左手には海が広がり、夜の暗い波が岸壁を穏やかに打っていた。


( )


頂上から空を見上げると、月は驚くほど間近に、そして荒々しく見えた。それは激しい歳月に肌を蝕まれた粗暴な岩球だった。その表面に浮かんだ様々なかたちの不吉な影は、生命の営みの温もりにむけて触手をのばす癌の盲目の細胞だった。月の光はそこにあるあらゆる音をゆがめ、意味を洗い流し、心のゆくえを惑わせていた。それはミュウに自らのもうひとつの姿を目撃させた。それはすみれの猫をどこかに連れ去った。それはすみれの姿を消した。それは(おそらく)存在するはずのない音楽をかなで、ぼくをここに運んできた。ぼくの前には底の知れない闇がひろがり、背後には淡い光の世界があった。ぼくは異国の山の上に立って、月の光に晒されていた。すべては最初から周到にたくらまれていたことではないのかと疑わないわけにはいかなかった



( )


村上春樹「スプートニクの恋人」
[PR]
by sachiolin | 2011-04-21 12:26 | 空 ( )
坂口恭平さんのような視点や行動や存在は
貴重だなあ。本質に切り込んでいく力。


いやはや・・・それにしても、
知れば知るほど、恐ろしい。
でも知ることを恐れてはならない。











アーカイヴ
[PR]
by sachiolin | 2011-04-13 04:14 | 観■TV

みどり。

c0110074_39735.jpg

今日は、寒かったけれど、私は、暑さより寒さがすきなのだ、と改めて思った。冬に生まれたからか知らん。気持ちが凛とする。体の輪郭がスッキリする。街路樹の葉っぱが青々と空に向かってにこにこしていて、そのまっすぐな命のかたちに、思わず足をとめてしばし見惚れた。とても美しい若草色だった。
[PR]
by sachiolin | 2011-04-04 03:09

スープ。

どうにかしなければ、という焦りと、
どうにもならない、という諦めと、
どうなってしまうんだ、という不安とが、
ごちゃまぜになって、くつくつと音を立てて、
スープになって、早3週間が経った。

煮込まれて、煮詰まってきて、濃縮されている。

自分っていう器が小さいから、
水をこまめに足さないと、
心がひあがってしまう。

自分にとっての水はなにかしらって
ずっといろいろ探して試している気がする。
少しずつ、なんとなくわかってきた。

私は、なんでも時間がかかるし、割と
慎重派だし、スタートするまでが遅い。
でも、今までの人生を振り返ってみると、
スタートしたら、多分早い。

スープが薄まって
いい感じで、いいお味になったら、
それを誰かとシェアしたい。
[PR]
by sachiolin | 2011-04-04 02:08

常・ 日常ブロック12

日常に非常なる無常を感じる。




最近TOKYO FMのファン。福島の女の子が「物資を届けるはずのトラックが引き返して、唖然としたし、すごくショックだった。」「でも私たちが福島を絶対に立て直します。」福島が好きですか?という質問に「大好きです!」と即答。何だかもう涙がとまらん。。。

久しぶりにレッスンで、楽しかった。ではこれ次回まで弾いてきてね、とチェックした「かえるの歌」がドイツ民謡だと知って、生徒さんと驚いた…

満員電車でも、ナットキングコールを聞いてると、あたたかく包んでくれることを知った。音楽はすばらしいと、感じる。この人の歌声、本当に大好き。

スーパーで、皆、必死で米やら水やらを買い求めるなか、ふと横をみたら、おばあさんが、化粧品コーナーの片隅で、手の平に何色も口紅を試し塗りして、必死で迷っていて、癒された。

洋服屋さんで、アロマキャンドルを3個買った。「ひのき」「朝露」「牡丹」。どれも、きつくなく、上品な香り。一つ100円なので、そのまま義捐金の箱にチャリンチャリンチャリンと3回。

仕事の帰りに鎌倉の街を散策した。情緒があってすてき。由比ヶ浜らへんもとてもすてきだった。ちいさい雑貨屋さんや骨董屋さんが多くて、寄り道しすぎ。迂回しすぎ。鎌倉出身の友人に教えてもらった、鰻屋さん(つるや)に入った。美味しい贅沢。涙。。。生きててよかった。

昼間の電車のなかは、節電モードで、電気が消されていた。向かいに座る人の影が、藤城清治さんの影絵のようだった。日だまりがいつもより暖かく感じた。

ここ数日、鼻の奥に無休鼻水工場ができてしまったかっという感じで、苦しんでいたのに、かみ砕くタイプの鼻炎の薬を試したら、いきなり、爽やかな風が、鼻を駆け巡っておる。鼻で息ができる。食べ物の味がする。頭がすっきりする。楽・・・・・。しかし、この即効性はちょっと怖いなあ。

最近よく電車のなかで、いびきをかいて寝ている人に遭遇する。あの状況が、いつもどうも不思議で面白い。赤の他人の集まりが、個人的な「眠り」という時空間を共有している、というその状況が。今日の人は、手に持っている本が床に落ちてハッと目が覚めて読んですぐ寝てを永遠にリピートしていた

明け方、目が覚めてしまい、手塚治虫の「奇子」を読み始めたら、やめられず、一気に読み終わった。衝撃。ばるぼら、に似た衝撃。

銀座の大好きなおでん屋さんに行った。あぁぁ…生きててよかったと思った。夜なのに、裏メニューで、定食もあって、私は刺身定食にした。茶飯、しじみ汁、お刺身(3種)、おしんこ、そしておでんが二つ選べて、1000円!お得すぎ美味しすぎ。感動。。。日本万歳。がんばれニッポン。
[PR]
by sachiolin | 2011-04-04 01:48 | 常・

思○ いろいろ



これから日本がどうなっていくのか、わからない。
日本全体が、不安の灰色の雲に覆われている。

けれど、私は、今、
日本にいることができて、
とてもよかったと感じている。

それは、好きな人の嫌いなところが
見えてきたときに少しだけ似ている。

私は、素直に、日本が好きなのだと思う。





自分が死ぬことはそれほどこわくないけれど、
大切な人をなくすことはとてもこわい。

自分がかなしむことはそれほどかなしくないけれど、
大切な人がかなしむことはとてもかなしい。


結局自分ていう人間は、
大切な人たち、大切な記憶に、
生かされているんだなと思う。





今日の言葉*

「時間は果てしなく割っていける。今に没入すれば
一瞬は無限になる。そこからしか変えていけない。
そのことをこれからもこつこつ書いていく。シェアするために。
人間は80%くらいはねたみでできているが、
あとの20%は同胞への愛でできている。」

よしもとばななさん)
[PR]
by sachiolin | 2011-04-04 01:28 | 思〇

空 ( ) 谷川俊太郎

「世界が私を愛してくれるので
(むごい仕方でまた時に やさしい仕方で)
私はいつまでも孤りでいられる

私に始めてひとりのひとが 与えられた時にも
私はただ世界の物音ばかりを 聴いていた

私には単純な悲しみと喜びだけが 明らかだ
私はいつも世界のものだから

空に樹にひとに 私は自らを投げかける
やがて世界の豊かさそのものとなるために ……

私はひとを呼ぶ すると世界がふり向く

そして私がいなくなる 」


(谷川俊太郎)
[PR]
by sachiolin | 2011-04-02 00:00 | 空 ( )