sachiolin.exblog.jp

わたしの心の風景メモ。 


by sachiolin
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:旅|| Japan( 1 )

|旅|memo|

c0110074_22562145.jpg

c0110074_22562280.jpg

c0110074_22562273.jpg

c0110074_2256227.jpg

ゴールデンウイークに、山登りに出かけた。ゴールデンウイークだなんて、ドイツにいる時は、全く忘れていたけれど、日本では、あれほどの連休は貴重なのだなあと改めて感じる。その締め括りに相応しい、ゴールデンな思い出一杯の山登りだった。話がちっとも尽きなかった。ことばの波が波をよんできて大波になったり、みんなで、シーンと凪になったり。沈黙を共有することもとても大切で。人間というのは、発光体であり、磁場なのだなあと、改めて感じた。魂が共振するのを感じた。楽しい旅にしてくれた仲間たちに感謝。山は、恐ろしくもあったが、雄大で美しく、ますます好きになった。山道というのは、一歩一歩が不規則だ。フカフカした土もあれば、ゴツゴツした岩も、あれば、ツルツルした雪もある。同じ岩の道を歩いていても、土の道を歩いていても、形も角度も質感も、一歩一歩微妙に変化していく。自然と足裏が敏感になっていく。山道を歩いていると、普段如何に、都会の平らなコンクリートの道に、体が慣れていたのかと驚く。如何に頭でっかちになっているのだろうかと。足裏から、色んなものをビリビリ感じとりながら、道の変化、そして自分の身体感覚の変化を楽しみながら、歩いていく。それは、とても新鮮で、最高に気持ちがよいのだ。また登りたいなあ。記憶が薄れていくのは惜しいので、いつか思い出せるようにmemoしておこう。そういえば、山登り直前に、携帯のカメラが壊れてしまったなあ。


||旅memo|||


|1|黒磯、那須高原|
おこわ弁当|待ち合わせ|東北本線|11番線|青空|空いているグリーン車|今までの話|これからの話|あなたの話|私の話|だれかの話|野菜ジュース|グレープフルーツジュース|田園風景|つつじの赤|山の緑|バランスの悪いリュック|腰で支える|バス|路線図|夏のような暑さ|シートの日溜まり|スペイン人と九州男児|色んな話|渋滞|休日を終えた人々|車のなかの家族の風景|戦争博物館|オススメ喫茶店|交差点|最後のコンビニ|涼風|立派な兜|お散歩|嵐のあとの削られた砂利道|ラピュタ雲|鶯|行き止まり|突然の雹|スープ|よけられた生葱|静かな子どもたち|甘える子どもたち|ステ−キ|ティラミス|脱サラ|住み込み修行|旅館の子どもたち|山の子どもたち|書き終わらないメール|てるてる坊主|スーパームーン|露天風呂|枯れ葉|ストレッチ|マッサージ|気|ホッカイロ|


|2|那須湯本|茶臼岳|朝日岳|

露天風呂|鶯|充実の朝ご飯|水筒|見つからない財布|満員の巨大ロープウェイ|クライマックスの揺れ|味のあるアナウンス|最後のトイレ|濃霧|霧の中の風景|いきなり急な坂道|消えていく、神のアナウンス|ゴツゴツした岩|ゴムのような地面|硫黄のかほり|登頂|鳥居|一面岩|それでも生えている草たち|まさかの雪渓|膝の震え|諦め|戻る道|行く仲間|避難小屋|またあとで|ベテラン|中学生たち|かりんとう|塩キャラメルクルミ|濃霧|食べ物の湯気|噂される4人|地図|近づいてくる笑い声|007的お箸|コンパクトなお鍋|火の温もり|人の温もり|極上スープ|極上ラテ|温水ペットボトルホッカイロ|雷|嵐|風|雲の流れ|ブラームス交響曲3番|雪すべり|忍者走り+コケ|赤い頭巾|がらんとした駐車場|神社|何もない場所|さざれ石|殺生石|入れ替わる天候|拝む地蔵たち|鹿の湯|洗い場がない衝撃|乳白色|湯煙と木目|おばあちゃんたちの時空|縄文土器|20代の話|30代の話|これからの話|女の話|なかなか出てこない男子たち|マラソンの話|見送り|ハグ|蕎麦説とハンバーグ説の拮抗|ファミレスっぽいハンバーグ屋さん|おかわり自由|ライチ|腸の話|味噌を持ち歩く|脳細胞|子どもの疲れなさ|美しい満月|新幹線の速さ|失っているものと得ているもの|プラットホーム|笑いと驚き|時間のぶれと揺らぎ|
[PR]
by sachiolin | 2012-05-16 22:56 | 旅|| Japan | Trackback | Comments(0)